コラム

コラム

慢性リンパ性白血病

2017年02月11日(土)

カテゴリ:腫瘍科

「白血病」はヒトの病気で耳にすることが多いと思います。白血病は血液中にいる白血球のがんであり、イヌにおいても発生します。しかしながら、ヒトほど多く発生しません。白血病は、がん化する白血球のタイプ(リンパ球、骨髄球)と進行の様子(急性、慢性)により、更に分類されます。慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia;以下CLL)は、成熟リンパ球様細胞の腫瘍性増殖により発生します。犬において中高齢に見られる病気です。症状は、食欲低下、体重減少、元気消失、間欠的な嘔吐や下痢が見られることがありますが、ゆっくりと進行し、症状がはっきりしないため、発見が遅れることが多いです。血液検査にてリンパ球数が増えることでCLLの疑いを持ちますが、リンパ球は健康犬においても増加する事(興奮・ワクチン後)もあり、顕著にリンパ球が増えていない症例では、鑑別が難しいです。
  今回の症例は、12才雄の雑種犬で、食欲低下で来院されました。血液検査においてリンパ球の増加(11100/μl)がありました。2週間後の検査ではさらに増加(18900/μl)しました。血液塗抹では小〜中型リンパ球が多数見られました。



体表リンパ節や胸腔・腹腔リンパ節に腫大は認められませんでした。以上からCLLを疑い、骨髄検査・血液のリンパ球クローナリティ解析を計画しました。まず侵襲性の少ない血液のリンパ球クローナリティ解析を実施しました。結果、IgH鎖の単一バンドが検出され、B-cellのモノクローナルな増殖(腫瘍性増殖)が疑われました。



 これ以上の検査は望まれなかったため、これまでの検査結果を総合的に判断し、CLLと仮診断しました。検査結果が出るまでに食欲も戻り全身状態も良くなったため、CLLに対しては経過観察としました。定期的に血液検査においてリンパ球数を測定し、症状の悪化が見られれば治療開始するようにしています。現在、リンパ球数は18000〜19000/μlを推移してますが、元気にしています。
 CLLの診断において骨髄検査は重要な検査の一つですが、侵襲性のある検査でもあるので容易に実施できません。リンパ球クローナリティ解析は低侵襲であり、CLLの診断の検査として有用な検査と考えられました。(北川)