コラム

コラム

慢性リンパ性白血病

2017年02月11日(土)

カテゴリ:腫瘍科

「白血病」はヒトの病気で耳にすることが多いと思います。白血病は血液中にいる白血球のがんであり、イヌにおいても発生します。しかしながら、ヒトほど多く発生しません。白血病は、がん化する白血球のタイプ(リンパ球、骨髄球)と進行の様子(急性、慢性)により、更に分類されます。慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia;以下CLL)は、成熟リンパ球様細胞の腫瘍性増殖により発生します。犬において中高齢に見られる病気です。症状は、食欲低下、体重減少、元気消失、間欠的な嘔吐や下痢が見られることがありますが、ゆっくりと進行し、症状がはっきりしないため、発見が遅れることが多いです。血液検査にてリンパ球数が増えることでCLLの疑いを持ちますが、リンパ球は健康犬においても増加する事(興奮・ワクチン後)もあり、顕著にリンパ球が増えていない症例では、鑑別が難しいです。
  今回の症例は、12才雄の雑種犬で、食欲低下で来院されました。血液検査においてリンパ球の増加(11100/μl)がありました。2週間後の検査ではさらに増加(18900/μl)しました。血液塗抹では小〜中型リンパ球が多数見られました。



体表リンパ節や胸腔・腹腔リンパ節に腫大は認められませんでした。以上からCLLを疑い、骨髄検査・血液のリンパ球クローナリティ解析を計画しました。まず侵襲性の少ない血液のリンパ球クローナリティ解析を実施しました。結果、IgH鎖の単一バンドが検出され、B-cellのモノクローナルな増殖(腫瘍性増殖)が疑われました。



 これ以上の検査は望まれなかったため、これまでの検査結果を総合的に判断し、CLLと仮診断しました。検査結果が出るまでに食欲も戻り全身状態も良くなったため、CLLに対しては経過観察としました。定期的に血液検査においてリンパ球数を測定し、症状の悪化が見られれば治療開始するようにしています。現在、リンパ球数は18000〜19000/μlを推移してますが、元気にしています。
 CLLの診断において骨髄検査は重要な検査の一つですが、侵襲性のある検査でもあるので容易に実施できません。リンパ球クローナリティ解析は低侵襲であり、CLLの診断の検査として有用な検査と考えられました。(北川)

眼瞼内反症と角膜穿孔

2016年10月25日(火)

カテゴリ:眼科

最近の猫ブームで、テレビのCMなどでも猫をよく目にします。中でもスコティッシュフォールドはとても人気があるようです。
今回の症例は、若いスコティッシュフォールドです。まぶた(眼瞼)が内反し、まぶたの毛が眼球にあたって角膜に傷を作ってしまっていました。痛みと炎症でまぶたが腫れてしまったことにより余計に内反が悪化し、さらに角膜の傷に刺激を与えてしまうという悪循環になっていました。
スコティッシュはもともとむくんだような顔をしていますが、その特徴のために、まれにこのようなことが起こります。
この猫では、角膜にかなり大きな潰瘍を作ってしまっていました。さらにその潰瘍の一部が深くなって穴があき、角膜穿孔(かくまくせんこう)という状態になってしまっていました。写真では、目の中央にある大きな潰瘍と、下まぶたの内反が分かります。

角膜に穴があくと、眼房水という目の中の水が漏出し、激しい痛みが生じます。 このような状態では、緊急の手術が必要です。

眼の白目の部分の表面を覆っている結膜という膜を切り、それをたんざく状に伸ばし、角膜の穴を塞ぐように角膜に縫い付けます。これを結膜フラップ手術といいます。今回の症例では、角膜穿孔している穴の周りに大きい潰瘍があったため、結膜フラップも大きめに縫い付けました。

角膜に縫合するためには、PDS 7-0という太さ0.05mmの、ちょっと目を離したら見失ってしまいそうなくらい細い吸収糸を使い、拡大鏡を使って手術を行います。

この手術によって角膜の穴をふさぐと、眼房水の漏出が止まります。
また、角膜には血管がもともと存在しないのですが、結膜には血管が豊富なため、結膜から得た血液の力により角膜の傷の治癒が早まります。

次に、眼瞼内反症の手術を行いました。まぶたの皮膚を三日月型に切開し縫合することでまぶたの内反を整形し、今までよりパッチリと目が開くようにしていきます。
まぶたの巻き込みがなくなり、毛による角膜への刺激がなくなります。 これもまた非常に細かい手術ですが、きれいに手術を行えば、術後の表情や顔つき、目の開閉への影響はほとんどありません。

写真は、手術から4週間後の状態です。

眼の表面に付着しているピンク色の部分が結膜フラップです。 普通の表情では分かりにくいですが、上まぶたをめくると上側の結膜から伸びたフラップが角膜に付着しているのが分かります。また、下まぶたの内反もなくなっているのが分かります。 この後、結膜フラップを角膜に付着している部分の近くで切断する手術を行います。角膜に残った結膜の一部はいずれ退縮して目立たなくなっていきます。

猫の上腕骨骨折

2016年10月24日(月)

カテゴリ:整形外科

今回の症例は、猫の上腕骨の重度の骨折の症例です。以前にもベランダから落下して骨折した猫のお話を紹介しましたが、今回は家の中で骨折してしまったケースです。おそらく、ゲージの格子の隙間に腕を突っ込み、肘が引っかかった時に大暴れして折れてしまったと予想された症例です。夜間診療所にかかられて、翌朝当院へ来院されました。

レントゲンを見ると、ポキッと二つに折れるような骨折ではなく、骨の中央部が数個の骨片に割れていることが予想されました。(写真①・②)

しかし、手術を始めてみると予想を越えたひどい骨折をしていることが分かりました。レントゲンには映らない亀裂がかなり広範囲に、しかも多数入っていることが分かりました。骨の下半分が7~8個の骨片に割れて、骨の中央部はバラバラ、縦割れした亀裂が肘まで続いていました。まるで陶器のお皿が割れたような状態でした。
骨折を整復するためには、骨と骨を金属のプレートなどを用いてしっかりと固定する必要があるのですが、これでは肘側にはしっかりと固定できるだけの骨の領域がほとんど残っておらず、非常に整復が難しい状態でした。

プレーティングだけでは整復不可能と考え、プレーティングとピンニングを併用する方法を行いました。
骨の中に直径2.4mmのピンを挿入し、その周りにバラバラになった骨片をパズルのように組み合わせて元の形を再現していき、糸で仮止めを行います。これにより大まかな骨の形は再現できましたが、これでは体重を支えることはできません。 次にプレートを用いて骨の上部(近位)と肘を固定し、これにより体重の負荷を支えるようにしました。さらに骨片とプレートを太めのナイロン糸で固定しました。(写真③・④)


とても長時間の手術になりましたが、その後骨は癒合し、術後4か月後にピンを抜く手術を行いました。(写真⑤・⑥)

さらに4か月後にプレートを抜去し、骨は元の形を取り戻すことができました。(写真⑦・⑧)

骨折整復の手術後には安静のためにとても長い入院をすることになってしまったのですが、幸いこの猫は当院のスタッフにもよく慣れてくれて、性格もとても良い猫で、当院のスタッフからもすっかり人気者になっていました。

乳腺腫瘍(乳ガン)

2016年10月23日(日)

カテゴリ:腫瘍科

今回は乳腺腫瘍のお話です。犬では未避妊の雌では最も発症率の高い腫瘍です。犬では約半数が悪性、猫では90%以上が悪性と言われています。とくに猫では乳腺に腫瘤が見つかったら、できるだけ早期に摘出を考えるべきです。悪性の乳腺腫瘍は肺などに転移し、命を奪う可能性があります。

ただし、乳腺腫瘍の発症は適切な時期に避妊手術をすることで予防することが可能です。犬では初回発情までに避妊手術をすれば、乳腺腫瘍の発症率は0.05%、一回目の発情後に避妊手術をした場合は8%、二回以上の発情を経験した犬では26%と言われています。このことが、一回目の発情がくる前に避妊手術をすることが勧められる根拠となります。

写真①は当院で乳腺腫瘍の摘出を行った症例です。左の下腹部に大きめの腫瘍があり、他の部分にも小さい腫瘍が認められました(丸印)。一番大きな腫瘤は急激に大きくなってきたものでした。左側の乳腺の摘出と下腹部では両側の乳腺摘出を行いました。写真②は手術直後、写真③は手術2週間後の抜糸時の写真です。



写真④は両側に大きな腫瘍があった症例で、左下腹部の腫瘍は自壊して化膿していました。上腹部の右側乳腺と下腹部の左側乳腺をクロスする形で摘出しました。左右の乳腺を片側ずつ摘出するのが通常の方法となりますが、犬の年齢が高齢だったという事もあり、一度で手術を終わらせるために変則的にこのような摘出を行いました。写真⑤は手術直後の写真です。


このように乳腺腫瘍の摘出では腫瘍だけを取り除くのではなく、周囲の乳腺ごと切除するため、かなり大きな切開になります。当院では、レーザーメスや電気メスよりも組織の熱ダメージの少ない超音波メス(ソノサージ)を使用して乳腺の摘出を行いますので、短時間で、ほとんど出血なく摘出することが可能です。それにより、皮膚の癒合も早く、漿液貯留などもほとんど起こりません。

犬の潜在精巣と精巣腫瘍

2016年10月22日(土)

カテゴリ:腫瘍科

潜在精巣とは、精巣(睾丸)が陰のうまで降りてこず、お腹の中や鼠径(そけい)部に停留してしまう状態をいいます。停留精巣、陰睾とも呼ばれます。
潜在精巣は、犬では腫瘍化する確率が正常の9倍に高まると言われています。そのため、潜在精巣がある場合、去勢手術をすることが強く勧められます。精巣腫瘍の中でも、セルトリ細胞腫というものではエストロゲンというホルモンを産生し、その影響で重度の貧血を引き起こす事があり、その場合、予後不良となります。
潜在精巣は小型犬に時々みられ、猫では非常にまれです。

次の写真は、腹腔内の潜在精巣が腫瘍化していた症例です。正常の数倍に大きくなった精巣がお腹の中から摘出されました。

摘出後、病理検査により『悪性セルトリ細胞腫』と診断されました。この症例では転移や貧血などの徴候は見られませんでした。

以前、他院で腹腔内の潜在精巣の手術を断られたという患者さんが来院されて、当院で手術をしたことがありました。年を取って腫瘍化してから手術をするのと、若いうちに予防的に手術をするのでは麻酔などのリスクも大きく変わってきますので、やはり早めに手術をするべきだと考えられます。

また、潜在精巣は遺伝する可能性があるため、繁殖させるべきではないとされています。そのため、正常に降りてきている方の精巣も通常の去勢手術と同じように摘出を行います。

超小型犬の骨折

2016年10月22日(土)

カテゴリ:整形外科

今回の症例は、体重がたった1.3kgの2才のチワワです。この子が抱えていた問題は前足の骨折(橈尺骨骨折)でした。実は骨折してからすでに一年以上が経過していました。ある動物病院で治療を受けていたにも関わらず、前足はほぼ90°曲がったままになってしまっていました(写真①)。写真②はそのレントゲン写真です。

日本ではトイ・プードルやチワワなどの小型犬が流行し、その中でも特に体の小さい犬が好まれる傾向があるため、日常のちょっとした事で前足を骨折してしまうケースが増えています。特に多いのが、抱っこしていて落としてしまったり、机などの上から落ちてしまうというケースです。 このような超小型犬種の前足の橈尺骨の骨折では、骨が非常に細い上に、骨の癒合反応が乏しく、癒合不全や変形癒合を起こしやすい大きな問題となっています。
さらにこの子の場合はかなりの時間を経過してしまっていたため、骨がくっつこうとする反応が完全に終わってしまっていました。しかも、手首の関節にとても近い部分での骨折であり、この骨折の治療は、非常に難しい状態でした。

このままでは、きちんと歩けないままになってしまうため骨をまっすぐにつけなおす手術を行いました。
骨折してから時間が経ちすぎているため、まず、骨折している部分の骨を少しずつカットして、新しい骨の断面を出しました。遠位(手先)側の骨は長さが5 mm程度しかないので、これを1~2mmだけ削りました。近位側の骨は斜めに骨が萎縮しているため、4~5mm程切りました。次に太さが3mm程度しかない骨の中心を通るように、太さ0.8 mmのピンで骨を固定しました。(写真③・④)

手術後に手先から肘までの外固定(ギプス)をつけ、骨が癒合するまで待ちます。通常は、早ければ1ヶ月くらいで外固定を外し、2ヶ月くらいでピンを抜くのですが、この子の場合、外固定を外すまで半年、ピンを抜くまでに7ヶ月、萎縮した筋肉のリハビリも含めて、全部で1年かかりました。
長い治療の結果、少し骨は短くなりましたが、歩くことも走ることもできるようになりました。

第三の「まぶた」と「チェリーアイ」

2016年10月21日(金)

カテゴリ:眼科

犬や猫には、人間にはない『まぶた』があります。目頭のところに白からピンク色をした膜が隠れています。これを第三眼瞼(がんけん)、または瞬膜(しゅんまく)といいます。
この膜には第三眼瞼腺という涙腺があり、涙の30~50%を産生しています。
この膜がくるっと反転し、目頭の縁に飛び出てきてしまうことがあります。すると、赤く腫れてサクランボのように見えるということから、『チェリーアイ』 という名前で呼ばれています (写真①)。


最初のうちは自然に引っ込んだり、抗炎症剤などの点眼薬で元に戻ることが多いのですが、再発を繰り返すうちに、出っぱなしになってしまうことがあります。 そうなると手術による治療が必要になります。 第三眼瞼腺は涙の30~50%を産生しているため、ここを切り取ってしまうと、ドライアイにより乾性角結膜炎を引き起こす可能性があります。そのため、チェリーアイは切り取らずに治すことが大切です。

当院では、眼球下直筋という眼球の下の微小な筋肉に第三眼瞼腺を縫合する方法によりチェリーアイの整復を行っています。たいてい術後の腫れなどもほとんどなく、きれいに治ります。(写真②・③)は手術後1週間の状態です。

ただ、あまりに長い時間チェリーアイを放置しておくと、第三眼瞼の中にある軟骨が変形し整復が難しくなりますので、チェリーアイを繰り返している場合は、早めに手術を行うことをおすすめします。

ベランダからの落下事故

2016年10月21日(金)

カテゴリ:整形外科

診察で多くの飼い主さんとお話をしていると、室内飼いの猫をマンションのベランダに出しているという方はよくいらっしゃいます。しかし、猫のベランダ落下事故は決して珍しいことではありません。骨折、下半身麻痺、死亡事故などの大きな事故となります。猫が出たがっても基本的にベランダへは出さないことをおすすめします。

今回の症例は5ヶ月齢の猫、飼い主さんはベランダへは出さないようにされていましたが、猫が隙を付いてベランダに脱走し、そのまま5階のベランダから落下してしまいました。車の交通量の多い道端だったらしいのですが、運良く通行人に抱っこして助けられ、すぐに飼い主さんが当院へ連れてこられました。

鼻出血はありましたが、幸い頭部の打撲は軽度でした。ただ、右腕の上腕骨の骨折をしてしまいました (写真①・②)。


骨折はプレーティング手術により内固定しました (写真③)。金属のプレートをスクリューで止めて骨折部分を固定します。約3ヵ月後、骨が癒合したのをレントゲンで確認し、プレートを抜く手術を行い無事に骨はきれいに治りました (写真④)。今は全く問題なく走り回っています。

ところで、この猫ちゃんは、生後間もない時に死にそうになっているところを、今の飼い主さんに拾われ助けられた子だそうです。若くして2度も死の危険を切り抜けた、ある意味、すごい強運の持ち主かもしれません。

犬の子宮蓄膿症

2016年10月21日(金)

カテゴリ:軟部外科

子宮蓄膿症は、避妊手術をしていない高齢犬によく見られる子宮の病気です。子宮に細菌が感染し、子宮の中に大量の膿がたまる病気で、細菌の毒素が全身にまわれば死に至る可能性があります。治療は、卵巣子宮摘出手術と徹底的な抗菌治療を行います。

今回の症例は14才の雌のチワワ犬、お腹がパンパンに張っていました(写真①)。

超音波検査や血液検査などで子宮蓄膿症と分かりました。手術により子宮を摘出しなければ、恐らく一週間ももたない状態だと思われます。この子は聴診すると心不全があり(Levine 3/6)、血液検査で貧血(Ht21%)があることも分かりました。また、子宮は極度に大きくなり、腹腔のほとんどを占めていました。さらに年齢も14才と高齢であり麻酔の危険性が非常に高い状態でした。 手術中の血圧の変動を最小限にするよう細心の注意を払いながら、子宮を摘出しました(写真②)。

手術前に4.3kgあった体重が手術後に2.8kgになっていました。なんと1.5kgの子宮が3kg以下の小さな体の中にあった事になります!

今回は非常に条件の厳しい手術でしたが、手術は無事成功し、手術してから一ヶ月もたった頃には、『病気になる前より元気かもしれない』 と飼い主さんも喜んでいました。せっかく大手術を乗り越えたのだから、まだまだ寿命を全うするまで、飼い主さんとの幸せな生活を長く送ってほしいと思いました。

若いうちに適切に避妊手術を受ければ、子宮や卵巣の病気の可能性はなくなります。若い頃の手術であれば、麻酔の安全性も非常に高くなります。ペットの寿命が長くなった現在、年をとっても安心して、より長く幸せな生活を送れる動物たちが増えてくれたら、と願います。

「ヒモ」の誤食による腸閉塞

2016年10月21日(金)

カテゴリ:軟部外科

猫がヒモで遊ぶのが大好きだということは、猫を飼っている方は皆さんご存知だと思います。しかし、その 『ヒモ』 が大変危険な状態を引き起こす可能性があるということは、意外と知らない方も多いのではないかと思います。 猫がヒモで遊んでいると、猫の舌のザラザラにヒモが引っかかり、猫がクチャクチャと口を動かしている間に、誤って飲み込んでしまうことがよくあります。 ヒモの片端が腸を流れていき、もう片端が胃などで留まっていると、ヒモの両端に引っ張られ、腸がたぐり寄せられていきます。腸がアコーディオンのように折り重なり、最終的に閉塞を起こします。

今回の症例は、1才の猫、食べたものを嘔吐するということで受診されました。
嘔吐の症状が通常よりも重症なので腸閉塞の可能性があると考え、バリウムを飲んでもらいレントゲン撮影を行いました。2時間たってもバリウムが全く胃から流れ出しません。エコーを確認すると、腸が強く蛇行しており、しかも蠕動運動が全くありません。そこで、ヒモ状異物による腸閉塞の可能性が非常に高いと考え、手術を行いました。


(写真①)は、腸がアコーディオン状に折り重なっている様子です。腸切開2ヶ所と胃切開を行いヒモを取り除きました。(写真②)は手術後の腸の状態です。

(写真③)は実際に腸の中から取り出したヒモです。 手術後は嘔吐はなく、術後2日目には家で食べていたキャットフードを持ってきてもらうと食べだしました。 ちなみに、とても人懐っこくかわいい猫で、元気にご機嫌で退院していきました。

犬の歯石と歯肉炎

2016年10月21日(金)

カテゴリ:歯科・口腔外科

おうちの愛犬のくちびるをめくって歯を見てみてください。また口のニオイを嗅いでみてください。
非常に多くのシニア犬は歯石と歯肉炎を持っています。
写真は、当院で歯石除去(スケーリング)を行った症例です。(施術前が写真①)

重度の歯石が付着していて、飼い主様は口臭を気にされていました。
(写真②)が、歯石除去と歯面研磨(ポリッシング)を行った後のものです。歯の周辺の歯肉が赤くなっていて歯肉炎を起こしています。もっと進行すると、歯を支える歯槽骨が溶けて、歯がグラグラになって抜けてしまいます。施術後は、歯はピカピカになって口臭もすっかりなくなりました。
デンタルケアの習慣を若い頃からつけていくことがとても大切です。特に歯ブラシの習慣は若いうちに始めないと、年をとってからでは難しいです。また、歯みがきのペーストや歯みがきガムなどもあります。詳しくは動物病院スタッフに相談してください。

犬の皮膚炎(マラセチア性皮膚炎)

2016年10月21日(金)

カテゴリ:内科

膿皮症と同じように、常在菌が皮膚で異常に増殖することによって起こる皮膚炎に『マラセチア性皮膚炎』があります。
「マラセチアM. pachydermatis」は酵母真菌の一種で、正常な犬の皮膚や粘膜にも付着しています。
マラセチアは脂っぽいベタベタした皮膚を好みます。シーズー、レトリバー、コッカースパニエルなどの犬種ではよく見られます。また、マラセチアはよく外耳炎の原因にもなります。マラセチア性皮膚炎では、ベタベタした茶色のフケ、皮膚の強い赤み、独特なニオイが特徴です。
診断は、病変部の皮膚をスライドガラスに押し付け、染色した後、顕微鏡で見てマラセチアの菌体を確認します。細菌感染と同時に起こっていることも多くあります。治療は、シャンプー療法や抗真菌薬の塗り薬が有効です。重症の場合は、飲み薬を使用することもあります。

犬の皮膚炎(膿皮症)

2016年10月21日(金)

カテゴリ:内科

犬の病気の中でも特に頻度の多い病気として、皮膚炎があります。
その中で最も多いのが『膿皮症』、つまり細菌感染による皮膚炎です。
その原因となる細菌は多くが「表皮ブドウ球菌S.intermedius」というものです。(ただし、すでに抗生剤による治療を繰り返している場合は、他の菌種が増えていることも多いです。)この細菌はもともと皮膚の常在菌で、正常な犬の皮膚や粘膜の上に付着しています。正常な皮膚にはバリア機能があるため、この細菌が通常皮膚の中に入り込むことはありません。しかし、何らかの理由で皮膚のバリア機能が弱まると、この細菌が皮膚の中や表面で増殖し、炎症を引き起こします。皮膚が赤くなったりフケが出たりして、かゆみが出ます。アトピー性皮膚炎などが原因で皮膚が弱くなっている場合も、高い確率で細菌感染を伴っています。こういった場合は注意が必要です。感染の徴候を見逃さず、抗菌治療をきちんと行うことが大切です。

治療は、抗生剤や抗菌シャンプーを使用します。抗生剤は2~4週間またはそれ以上投薬を継続する必要があります。早期に投薬をやめてしまって再発を繰り返すと耐性菌を発生させる原因となります。自宅での投薬が難しい場合は、注射により2週間効果の持続する動物用抗生剤もあります。
抗生剤を投薬しても皮膚の状態が良くならない場合は、抗生剤の効かない耐性菌の可能性があります。細菌を採取・培養して、効果のある抗生剤を選択する検査を行います。
シャンプーは、皮膚の状態に合わせたものを使って週1~2回行い、皮膚炎がおさまってきたら回数を減らしていきます。